2005年12月20日

世界遺産チトワンの象のマラソン

ネパール南部インド国境近くに位置するロイヤル・チトワン国立公園は広さは約1000平方KMになります。

絶滅中の一角サイを保護するための自然の国立公園は1984年に世界自然遺産としてUNESCOに指定されました。

他の野生の動物も生息する沙羅双樹に覆われた密林。
中には野生の象、ベンガル・タイガー、野牛が主です。

この国立公園内にサファリツアーが可能です。
国立公園内に観光客様のいくつかのリゾートができています。
国立公園の外側にもいくつかリゾート、ホテルがあります。
いずれも、公園内のサファリ・ツアーを目指すのです。

象サファリのツアーは世界でも知られています。
象の背中に乗って野性動物を観察するのに密林の中に入ります。

この度は、ジャングル・サファリになくてならないこの象の国際的なマラソンは12月26日より2日間にわたって行われる予定であります。

ン.jpg

このマラソンはチトワン国立公園のちょうど真中にあたる観光客で賑わうショウラハ村で行う予定であります。

象マラソンの他に、牛車マラソンと馬車マラソンもあるそうです。

ベストシーズンのネパールチトワンの旅へ、



posted by スリーオーセブン at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ネパール情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。