2015年12月30日

料金改定

北朝鮮は常に、近くて遠い国と言われています。現実は「百聞は一見に如かず」そんな国です。
2016年。弊社は朝鮮手配15年を記念して朝鮮のモデルコース、およびカスタマイズされたコースの料金を改定いたします。尚、いつまでも高麗古墳の内覧はできなく情報が入っています。ご自身の目で確認できるのはそんなに長くないと思われます。中国サイドの古墳は内覧不可能になっています。古墳内覧のために出来るだけカスタマイズを受ける体制をより一層確立いたします。2013年6月登録された開城の世界遺産地区は充分な時間と説明を取って古き歴史のルーツの探求を行っていただくように致します。そして色々なカスタマイズの手配をいたします。旅行参加者には弊社作成の本格的な観光DVD,ガイドブックを差し上げます。今後の新しい情報もリアルに発表いたします。朝鮮政府、国家観光総局は旅行、観光政策に力を入れています。1つは2015年11月9日から平譲市上空遊覧飛行手配を行っています。現在希望者が多くて事前要約が必要になりますが観光政策の一環として空中散歩。
1.定期遊覧飛行空路 (毎日)
旅客機型:AN24  座席数:10席、遊覧飛行時間: 25分
費用:\13、000/1名
搭乗手続き時間:毎日午前10時   場所:高麗航空駅 離陸時間:11時
※費用には着陸後昼食代が含まれています。
食堂:高麗航空駅舎内食堂 食事:6種類のセットあり、自由選択食事。
他のコース情報は前回のブロクに発表いたしました。平壌滞在中のモデルコースに組み込むことになります。コースは平壌市内遊覧飛行コースは平壌国際空港出発→大同江上空→青春通り→体育村→未来科学者通り→主体思想塔→金日成広場→万寿台大記念碑→党創建記念塔→メーデースタジアム→美林乗馬クラブ→協同農場→万景台→平壌国際空港到着になります。
2つ目は4月からになりますが、七宝山への観光手配、金剛山への観光手配等。今後新しい情報を紹介いたします。
posted by スリーオーセブン at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック