2016年01月15日

タイを発見しよう〜:ワット・プラケオ

1782年のバンコク遷都に合わせて建設が開始され、完成は1784年です。本堂に祀られている本尊がエメラルドのような色をしたヒスイで作られているため、「エメラルド寺院」と呼ばれている。外国人旅行者だけではなく、タイ人の参拝客でも毎日にぎわっている。


Discover Thailand: Wat Phra Kaeo

The construction of this temple started in 1782 when the capital was moved to Bangkok. It was completed in 1784. Because the Buddha housed in the temple is made of jade, which is a color similar to the emerald, it was named “the Emerald Temple” ("emerald" in Thai means deep green color and not the specific stone). Not only foreign travelers but also people from all over Thailand come every day in order to visit this temple.

Temple_of_the_Emerald_Buddha_2012.JPG


posted by スリーオーセブン at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | タイ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。