2013年11月05日

個人手配旅行が簡単に申し込めるようになりました!!

安いパッケージ旅行に申し込んで行きたい所に行けなかったり、
相乗りで時間をロスしてしまったりした経験はないでしょうか?

弊社ではお客様ご自身で旅行日程表を作っていただき
それに基づいて現地手配を行うことが簡単にできるようになりました。
もちろんすべて専用車のプライベート旅行になります。

是非ご自身で日程表を作って自分だけの旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?

http://www.307.co.jp/customized/top.html
posted by スリーオーセブン at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

鰻のシラス

今年は鰻のシラスがうまく確保できないようですね
弊社は長年の各国政府等の関係で、鰻のシラスの確保が簡単です。
詳細はお問い合わせください。
ご連絡お待ちします。
info@307.co.jp
posted by スリーオーセブン at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

北朝鮮、リビヤ旅行手配を値下げ

5月11日から5月31日までに北朝鮮、リビヤ旅行手配のお客様には
モデルコース料金から一律20000円の値引きをいたします。ベストシーズンの季節にさわやか旅行手配を提供いたします。
posted by スリーオーセブン at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

韓国ソウルからの北朝鮮旅行

平壌からの北朝鮮旅行はちょっとという方に朗報?
来年1月2週目の毎週月曜日、木曜日。3泊4日の一味違った朝鮮の開城日帰りツアーと、やはり緊張と充実感いっぱいの板門店38度線ツアーを開始いたします。平壌からの北朝鮮ツアーを数多く送客してきましたスリーオーセブンならではの企画です。違いのわかる企画手配旅行です。お問い合わせください。
posted by スリーオーセブン at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

韓国ソウルから北朝鮮日帰り旅行

来年1月2週目から毎週水曜日、土曜日発の韓国ソウルから北朝鮮の開城日帰りツアーを開始します。

弊社はかねてから平壌からの朝鮮ツアーを行っていますが、
韓国ソウルからの日帰りツアーになります。

北朝鮮からの旅行とは異なることで大き特徴は開城工業団地観光とか、板門店とはちがった国境を通過したりします。もちろん日本語ガイド同行です。
北朝鮮の普通のルートではジャーナリスト、マスコミ関係者は渡航することはできませんが、韓国からのルートはどなたでもツアーに参加することができます。入境許可には約2週間かかりますが、簡単な北朝鮮の
旅行を希望される方には打って付けなツアーです。

お問い合わせをお待ちします。
posted by スリーオーセブン at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

ブータン

ブータンの現地手配を開始しました。
秘境の旅、桃源郷といわれる国ブータンのビザ、旅行手配を開始いたしました。今までの各国の手配同様迅速に手配をいたします。
これからがベストシーズンのディスティネションの一つです。
渡航の計画をお勧めください。
posted by スリーオーセブン at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

国名から探す

弊社の取り扱いの国名から探すコーナーをHPで作成しました。
オペレーターとして個人旅行から団体旅行まですべてを手配いたします。
特に中近東のサウジアラビア、オマーン、イエメン、の現地手配も確立しました。アラブ諸国の安全安心できる国々からチョイスしました。
日本には伝わっていませんがアルジェリア、レバノン、スーダン、モーリタニア等々はテロの脅威がまだまだあります。そんな国ははずして手配をいたします。
安心安全な現地旅行社と契約手配いたします。
アラビックで直接手配、しています。
個人旅行で簡単に行ける国々です。ご用命をお待ちします。
posted by スリーオーセブン at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

アラブ諸国のFIT旅行

シリア、イエメン、オマーン、ヨルダン、サウジアラビアの中近東諸国とエジプト、リビヤ、チュニジア、モロッコの北アフリカ諸国のFITの旅行手配を開始しました。HPではモデルコースもアップしました。
カスタマイズされたツアーをどのようにでもアレンジします。
仲間同士だけの旅行を安く提供いたします。団体でなくても、簡単にいくことができるようになった、また近くなったアラブ諸国をお楽しみください。
ご用命をお待ちします。
posted by スリーオーセブン at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

アラブ諸国

アラブ諸国、13カ国の手配を開始しました。
アラブ語を話すレバノン人のシャディーも入社し、レスポンスよく手配をいたします。まだまだ観光地として認知はされていませんが、徐々に観光地も紹介いたします。ご用命をお待ちします。
posted by スリーオーセブン at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

びっくりしたエミレーツ航空

リビヤのカダフィー一族との仕事の為にトリポリに行ってきました。今回はとても寒く、そして雨、暗雲が来たと思ったらまた雨。3日間滞在中、帰国日だけがさわやかな空気と太陽であった。
北アフリカのイメージはとても感じられなかった。
しかし、地中海沿岸を髣髴させる海鮮料理に舌包みを打つことが出来た。海老、鯛、さば、烏賊、アンコウも結構大きいものがあった。一番は焼き魚、焼き海老のバーベキュー料理だった。

リビヤは全体的に何も無く、鎖国政策を虐げられた時代の古いものが中心です。インフラの整備、全てをこれから必要になる。物、人材、いろいろ必要とするとつくづく感じてきた。現在石油は半端でなく採掘できている。
リビヤとは人間関係で仕事が出来る国である。弊社にはアラビックのヨルダン人がいて今回同行、一緒に渡航していたが、全て信用されたと思うし、カダフィー氏からタンカーの商談をもらって帰国した。現在オイル類運搬のためには絶対数が足らない業界である。

近い将来はその石油王国の素晴らしい国になると思う。

しかし、今回エミレーツ航空で出発、帰国する予定であった。
トリポリーチュニスードバイー名古屋と航空機は経由し帰国の予定であった。ところが機内清掃等、出発準備がすべて済んで、出発かと思った所急な機内放送があり、客を全て降ろし、身体検査、何のためだろうか、すでにトリポリでセキュリティーを受けた客を靴を脱がせ、ベルトははずさせてである。
勿論飛行機のドバイ到着時間は1時間半遅延、ドバイからの帰国便に間に合わず、すでに名古屋行きは飛んでいってしまった。エミレーツのトランスファーカウンターへ行き、その後予定としてシンガポール経由成田への飛行機を確認をして待っていました。
そんな時ドバイ空港での飛行機事故、航空会社からは説明は一切無く、全ての航空機が何時飛ぶかわからない状態出あった。たまたま待合室のCNNのテレビ報道で5時間後に判った。
航空会社職員、スーパーバイザーに聞いてもはっきりしない。結局は24時間後の関空へのエミレーツに搭乗帰国した。カウンターでは数百人の客がただひたすらの行列。旅行プロの私としては荷物がどこかに行かないように再三荷物タッグをもって確認したが、やはり現在ロストバッケージになっている。今日ですでに4日目になる。

関西航空に到着時20人近くの客の荷物がロストしているのにも関わらずエミレーツ航空関空のスーパーバイザーの清水聡さんは一切何か関係もないしぐさ、客に謝ることもしないで契約会社のJALにまかせっきりだった。

エミレーツ航空はサービス等々が素晴らしいといわれてきた。しかしドバイ空港スタッフ、関空スタッフの対応は最低であった。こんな航空会社があってよいものだろうか。安心して旅行ができない。航空会社ではないか。今後のリビヤ旅行には他の航空会社を使うべきとスタッフに説明をした。最悪の航空会社を発見した出張であった。
posted by スリーオーセブン at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

HPのリニューアルしました

HPの構造上のリニューアルをいたしました。
同時にリビヤ業務ビザ代の料金を安く手配することにいたしました。

リビヤは年が明けてもどんどん変化しています。
その対応の為により一層しっかりしたパートナーとも組むことが出来ました。

リビヤの投資、観光全てをお任せください。
posted by スリーオーセブン at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

山崎拓訪朝について弊社の見解

山崎拓氏が先週火曜日から土曜日にかけて北朝鮮に渡航されました。
日曜日の各TV社の報道を一生懸命見ました。
何しに行ったのか、政府とは別だ、高官の名前はいえない。対話をしにいった。
渡航自粛とは何ですか、山崎氏だからOKなのか。
弊社にとっては万々歳である。

そして、弊社にとっては大変な問題である。外務省が去年の7月に「自粛、制裁」にランクを上げた?今回山崎氏が訪朝されたのは自粛は無味であったと思われます。

外務省は、その渡航自粛から、例えば渡航しないほうがよい。渡航に関しての注意勧告で、1ランクよくなることが、どのような判断でなされるのでしょうか。何を持って判断するのでしょうか。

外務省、の渡航を自粛しろはどのような意味を持つのであろうか。一国の国会議員(特別国家公務員)が簡単に渡航している。
外務省の見解、国交省の見解を聞きたい。
隣国の友人を大事にしたら良いと思います。

弊社としては、来週にはHP上から「自粛」から撤去するつもりです。
今年に入ってから日本人、オーストラリア人、英国人から渡航に関して相談を受けているし、4月からのアリラン祭ツアーも10名以上決定している。
実際朝鮮渡航はなんら問題なく安全なのだ。現地旅行社ではきちんと迎え入れることが出来ています。

山崎氏も平壌で5日間もいろいろ動きまわったことだと思います。朝鮮労働党からの招待といっているが、観光旅行にしても、簡単にビザは出ています。
皆、問題なく帰国しています。

今後の外務省の行動を見ますが、弊社としては今週中に自粛解除宣言をします。観光地として、文化遺産(高句麗遺産)も多くみなさんに鑑賞してもらいたいと思います。
2月以降観光シーズンになります。
posted by スリーオーセブン at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

一年ありがとうございました

2006年もいろいろありました。
7月北朝鮮のミサイル実験
7月弊社としてリビヤ新開拓
7月末アリラン祭中止、10月までのツアーの大半中止。
そして最後に北朝鮮の核実験

旅行は平和産業と思っています。
しかし9月の旅行博覧会出展をやむなく中止。
別件で
10月リビヤ渡航ビザ取得等の確立
これでもかこれでもかといろいろありました。
北朝鮮観光は不滅です。来年こそは、ツアーをどんどん企画します。
渡航希望者を満足させます。

リビヤに関してはかなりの問い合わせ、新しい国を見つけました。
来年こそはもっとどんどん行きます。

今日で今年のプログは終わります。
明日から世界一高い山ネパールのエベレスト観光です。
来年はより一層安全になったネパール観光に力を入れていきます。

みなさん、よいお年を迎えてください。
一年本当にありがとうございました。

来年も頑張ります。宜しくお願い致します。

posted by スリーオーセブン at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

アラビヤ語で直接です

今回正社員としてアラビヤ語の翻訳、通訳そして営業員の入社が決定しました。
早速弊社リビヤの事務所に、アラビヤ語で、ファックス、メール作業を開始いたしました。
現地も英語より良いようで今まで以上にリスポンスが良くなりました。

北アフリカ、カダフィーの国、リビヤが近くなりました。

弊社リビヤ事務所は言うまでも無く、政府関係と非常に強力な関係を持っています。

お任せください。
企業のリビヤ進出、投資、コンサルタント業務のお手伝い。
そしてリビヤ観光、旅行。とても素敵な国です。
posted by スリーオーセブン at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

タイ・チェンマイ

タイ・チェンマイノスローステイ

スローステイとは、同じ場所に12日間以上滞在する、ゆったりとした海外滞在のことを言います。 予定などはなく、趣味や観光、スポーツにと、お客様はごゆっくりと現地での時間をお過ごしになることができます。

HPをアップいたしました
posted by スリーオーセブン at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

リビヤ投資案内

リビヤは目に見えない動きがすごいようです
アメリカは一昨年からリビヤと友好関係を結びました。
ラッシュでリビヤとの関係を強めています。
そんな中でこれからの日本企業はリビヤに目を向けはじめている様です。
弊社はそんな何もノウハウの無い日本企業に向け協力体制をしていくつもりです
リビヤ投資何でも相談してください。
posted by スリーオーセブン at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

リビヤビザ取得サービスを始めました

今回正式にリビヤ取得ビザ代行サービスを始めさせていただきました。
ビジネスビザ(業務ビザ)は最速15日程度かかりますが完璧に日本にて取得いたします。

観光ビザに関しましては7日以内にて取得いたします。このビザはトリポリ等
リビヤの空港到着時に弊社現地担当者のケアーのもと取得いたします。

弊社は15年前からベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマーの各種ビザ取得代行をして来ました実績がリビヤ政府からも評価されました。安心確実です。
posted by スリーオーセブン at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

北朝鮮

核実験いろいろ話題の多い北朝鮮に関して、最近の弊社の動向を連絡いたします。
とうとうしたなと感じましたが、
核実験後、平壌はいたって平穏のようです。現地旅行社も稼動しています。
日本人の渡航は例年今の時期は徐々に少なくなっていますが、弊社も同様少なくなっています。しかしヨーロッパからは先週150名入国観光しているそうです。ヨーロッパからアジアは遠い国のようです。

来年4月15日から25日までマスゲームを行なう予定である。
日本人には問題なくビザは出ているとの事。

弊社も昨日NHK社会部から取材を受けましたが、言ったことは、朝鮮はアメリカしか意識していない。日本のことは何も言っていなかったと現地からの報告を紹介しました。
現実的に松茸、アサリの輸入業者等は大変と思います。
そんな中で弊社はリビヤ手配の確立をいたしました。

ベストシーズンになるリビヤ、「百聞は一見にしかず」6日間で行くことが出来ます。

posted by スリーオーセブン at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

スリーオーセブンのホームページをチェック

カタール航空で企画

今回エミレーツよりひょっとしたら便利なカタール航空でのリビヤトリポリ旅行をUPしました。
新しい航空会社として関空からドーハ経由トリポリに行く事が出来ます。
弊社はすぐに情報をいれ企画します。

お任せください。リビヤ旅行、リビヤミッション。

本当に安く行く事が出来ます。

posted by スリーオーセブン at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

帰国しました

リビヤの出張から帰国しました。
今回急な渡航でした。
大手の不可解な態度に楔をさすための渡航でした。
現地では入国管理事務所の担当官とのミーティングで今回の人物の入国拒否の依頼、投資委員会担当者との今後の日本からの投資ミーティング、政府観光局責任者との打ち合わせをしてきました。

彼らは日本からの観光客、ミッションを待ち望んでいます。

実際ヨーロッパ各国、アメリカからの旅行者で混みあっていました。

丁度ラマダン、イスラムの彼らは朝四時から夜七時まで水もタバコも、食べ物も一切口にしません。街中のレストランも開いていません。マーケットも2時からのオープン。有る意味では不自由なときでもあります。しかし現地の人々は問題なく生活しています。ちょっと不思議でした。

そんなリビヤもとっても明るく、今回再認識をいたしました。

弊社にとってリビヤ手配は非常に簡単であります。どんどんリビヤに行ってください
posted by スリーオーセブン at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする